オトナのホビー、ラージスケール・レーシング!

[1/5スケールの楽しさ]
1/5ビッグスケールレーシングは「ちいさなモータースポー ツ」としてヨーロッパを中心に人気が高まっています。日本でも各地にサーキットがあり、イベントも頻繁に開催され、比較的年齢の高いファンを中心に盛り上がっています。

1/5スケール・ラジオコントロールカー
1/5スケールはサイズが大きく重量がありますが、各部の構成はとてもシンプルで、走らせてもおおらかで扱いやすいのが特徴です。全長は約1メートル、重量は10キログラムを越えます。近年オフロードマシンを改良した四輪駆動も登場してきました。
1/5スケールはマシンの構成が実車に近いため、整備やセッティング、チューニングなどに充実感があり、まさにモータースポーツとしてのリアリティとステータス性を持っています。走る姿も実車感覚で、じわりと車体をロールさせてのコーナリングのリアルさはほかのRCでは味わえません。

1/5スケールにはフォーミュラ1(メーカーは1/6スケールと表現)、ツーリングカー&GT、トラクターヘッド、オフロードカーなどのタイプがあります。トップエンドのコンペティション・マシンは高度なデザインとパーツでスピードとコーナリングを追求した、ホビーというよりは完全にモータースポーツの領域となっています。多くは本番ヨーロッパ製ですが、4ストロークエンジンなど独創的なメカニズムを持った日本製のユニークなマシンもあります。(写真下)
FP_CARS.JPG
1/5 スケールの愛好者はほかのカテゴリーのRCホビーにくらべ年齢層が高く、仕事もビジネスマン、エンジニア、医師、写真家、経営者など多岐にわたり、サーキットでの走行以外の交流もさかんです。夫婦や親子で楽しむ家族会員の存在も、SRCJの大きな特徴のひとつです。<次のページへ>

padock_1.jpg
ecoracer01.jpg
IMG_3804.JPG
8Z0K6509.jpg