SRCJのご案内
2002年にスタート
ビッグスケールRCのファンが集まって楽しいひとときをすごしたい。もっとドライビングがうまくなりたい、レースでどきどきするデッドヒートを味わいたい・・。
そんな願いから2002年に生まれたのがSRCJ=スケール・レーシングカー・クラブ・オブ・ジャパン=です。現在は60名ほどの会員がレースや走行会などを楽しんでいます。

SRCJの会員は、これまでほかのカテゴリーで楽しんで来た人、しばらくRCから離れていたがまたやりたいという人、初めて、という人などさまざま。会員の年齢層は30代後半から60代後半までが中心で、家族や夫婦会員もいらっしゃいます。

楽しみ方は人それぞれ
ラジコンカーはレースに重心を置きすぎるとたくさんの時間と多額の出費が必要になります。SRCJはもっといろいろな角度からRCを楽しんでゆきたいと考えています。スピードはそこそこでよいので、ボディをきれいに仕上げたい。あるいはお子さん連れでのんびり遊べれば・・など、遊び方は会員の数だけあるはずです。SRCJ はそれを大切にしたいと考えています。

だれもが楽しめる時間を作る
趣味で知り合えた仲間と過ごす一日はかけがえのない時間です。しかしベテランも初心者もわけへだてなく楽しめるラジコンは意外に少ないといわれています。トップクラスのドライバーが我者顔で走り回り、初心者は常連さんたちの顔色をうかがいながら・・。
SRCJは、ビギナーがのびのび走ってもらえるよう最大限の注意をはらっています。わかからない事が多くても、ベテランの会員などが親切に教えてくれます。アクセルワーク、ブレーキングなど走行の技術的なことだけでなく、たくさんのマシンがいっしょに走る時のマナーやイベント参加のときのマナーなどについてもアドバイスがもらえるでしょう。ラジコンカーはまったくのはじめて、という参加者のために専用の時間を確保するなど、きめ細かな運営をしています。

走る場所、機会の確保
1/5スケールは走行できる場所、サーキットが限られています。SRCJは主として千葉県市原市のケイチューン・レーシングスピードウェイを走行会やレースの会場として使用し、サーキット設備や環境がよりよいものとなるよう、微力ながら協力させていただいております。

クラブの運営
会費をいただいて活動するクラブSRCJは、会員がより楽しいホビーライフを送っていただくために、常にオープンで責任あるクラブでありたいと願っています。毎年の会計報告を行うのもその一環です。
収入:会費と、イベント参加費が収入となります。
支出:サーキットの貸しきり料金の支払い、ウェブなどIT関連の費用、バナーなど備品、サーキットなどへの協賛金などに有効につかわれます。会計報告:半期、通年での会計報告をしています。現金での協賛をあおぐレースなどの場合は別会計として報告しています。












20100411_01.jpg
20100411_05.jpg
20100411_12.jpg
6814.jpg